ボイストレーニングスタートに必要な知識

歌手や役者さんなど芸能人でなくても、プレゼンや講演会など人前で話す機会が多い方はボイストレーニングをしているという方も多いでしょう。ボイストレーニング教室というのも多数存在します。単に意識しないでしゃべるよりも教室に通い、必要な知識を身につけ、更に訓練を繰り返すことで格段に成果は現れるでしょう。知識を活かすにはやはり自分でするよりも教室に通う方がより効果は高いです。声に行き詰っている方や、悩んでいる方はぜひ通ってみるようにしましょう。ボイストレーニングスタートに際し、まずは必要な知識を身に付けるようにすれば声の出し方が理論として分かり、おすすめです。声も楽器と同じです。身体のさまざまな部分を使って、音を出すしくみになっているのです。

大きな声が良い声とは限りません

しゃべる声が小さくて聞き取ってもらいにくくコンプレックスを感じて教室に来るという方も少なくはありません。ただ、だからといって叫ぶような大きな声は良い声とは言えず、のどなど負担が大きいのですぐに疲れてしまいます。声も楽器です。伸びやかで美しい音色を出していれば歌ったりせりふをしゃべったりするときに心地よく聞こえるのです。大きな声というのはあとから付随して付いてくるものです。とにかく大きな声を出そうとする独学の学習法は危険なのでやめましょう。自身の体を楽器に変えるには身体の筋肉のトレーニングも必要です。合唱団などは腹筋を行なったりもしていますがこれも歌に必要な筋肉を鍛えるためです。ボイストレーニングというのは声を出すのに必要な筋肉の動きを覚え、鍛える訓練なのです。

声の出るしくみを理解しておこう

呼吸により吸い込んだ息が声帯を震わせて原音を作り、その原音を口や鼻腔で響かせて外に出すことで声となります。それぞれの場所を鍛えることで効率よく自在にコントロールできるようになるのです。息の吸い込み方も普段どおりの胸式呼吸では安定しません。腹式呼吸をマスターすることで安定し、声帯もリラックスするのでより効率よく響かせることができ声量アップにつながるのです。声帯を動かす筋肉も鍛えることができます。ボイストレーニングでは腹筋をはじめ、さまざまな部分を鍛え上げることになるでしょう。その際に、なぜそれをするのか知識を持っている方がイメージしやすく、より効果が出やすいのです。プロに見てもらうことで正しく効率よく鍛えられるだけでなく、正しい方法で声が出せているかも見てもらうことができます。まずは知識を、そして信頼できる講師がいれば上達が可能なのです。